髪のダメージと原因

みなさん、こんにちわ!松江市の小さな町で髪質改善美容室を営んでおります、エフメイクスの福田です! 今回は、普段どういったことからダメージしているのか、髪のダメージはどのように進行しているのか、まとめて書いてありますので普段のヘアケアにお役立てください。 髪のダメージ原因4パターン ①ヘアカラー、パーマによるダメージ へアカラー、パーマなどの薬剤によるタメージをケミカルダ             メージといいます。アルカリ剤や還元剤(パーマ液やカラー剤)などの成分により、キューティクルが剥がれ、毛髪内部の間充物質などが流出してしまうのが主なタメージです。                                                                                                                                                  ※画像1ヘアカラーによるダメージ 画像2パーマによるダメージ  ・細胞膜複合体(CMC)の損傷                                                              (髪の細胞の一つです)                                                                                                      カラーやパーマなどの薬剤により、CMC が損傷を受ける             (=なくなる)と、キューティクル同士をつなぐ接着剤がな                くなるためキューティクルが剥がれてしまいます(触って             ザラザラするところがタメージしている箇所で、この部分                はキューティクルが少なくなっています)。キューティクル              が剥がれると、髪の毛の栄養が流れ出てしまいます。  ②紫外線によるダメージ                                                                                            肌が紫外線を浴び続けると日焼けをしてやけどのような状態             
になるように、髪もやけどをしてしまいます。紫外線を浴び             
続けることでキューティクルが損傷を受け
、剥がれやすくな             
ります。                                                                                                  
また、紫外線はメラニン色素も攻筆するので,少しずつ髪の             
色が変わってしまいます。
                                                         
③熱によるダメージ                                                                    
                              アイロンなどの熱により、髪はタンパク変性を起こしてしま           
います。
キューティクルが熱により固められ、毛髪内部のタ             
ンパク質も固まってしまいます。例えるなら、生卵をフライ             
パンで焼いて、目玉焼きをつくっているようなものです。                                                                                                                                                           
④シャンプー、ブラッシング、カット  
                                                                             シャンプーやブラッシングによるダメージは主に物理的なダメージです。過度なシャンプー、ブラッシングによりキューティクルが剥がれてしまいダメージにつながってしまいます。カットに関してはその断面に理由があります。カット断面はキューティクルがなく、毛髪内部がむき出しの状態です。                                                  
そのため、髪の毛の栄養などが流出しやすくなってし                      
まいます。毛先がパサつくのはこのためです。                                                                
                                                                                                                
 
髪のダメージのプロセス                                                        
毛髪のダメージは表面から 
ダメージのケアは毛髪内部から
 
                                                
毛髪の損傷は、外部環境からの刺激や施術などによる物理的・化学 的刺激とよって毛髪の外部から内部へと及びます。一方、ダメージを受けた毛髪のケア、補修は毛髪内部を整えることから始めます。
毛髪内部を整えない限り、いくら表面を整えてもその効粟は薄いもの
となります。したがって、次のようなイメージを持ってケアを行ってください。                                      

(ダメージの進行)① PHがアルカリ性に傾く② 細胞腫複合体 (CMC)の損傷③ キューティクルがタメージを受ける→剥がれる④ コルテックス内部の間充物質がダメージ →溶出 → 空洞化親油性 (撥水性)→ 親水性への変化 (ダメージケアの対策)① コルテックス内部の間充物質の補給と定着 →空洞をなくす② 細胞腫複合体 (CMC) の補給と定着化 → 接着化③ キューティクルの再生→ 疑似キューティクル化④ pHバランスを保つ (弱酸性に戻す)⑤ 親水性 → 親油性 (撥水性)に戻す (ホームケアアドバイス)① 髪の状態に合わせたへアケア剤の選択 eX:弱酸性シヤンブーでへアカラー、パーマの持ちをアップする。 ② スタイリングのアドバイス eX:パ一マスタイルのスタイリングは下から持ち上げるように。 ③ お手人れのアドバイス ex:過剰なコーミングはしない。   髪は乾かしてから寝る。   トリートメントは毛先中心につける。

と、こんな感じになっております。少し専門用語が混じってわかりにくところもあるかもしれませんが、気になるところ、疑問に思うことなどラインで質問いただければと思います。   

エフメイクス公式LINE@でもその他、髪やヘアケアついてなどのご質問等、お問い合わせ対応はLINE@におこなっております。何か気になる事、些細なことでも構いません。LINEの特性上、名前はLINEにご自分で登録してある名前しかわかりませんし、安心してご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〒690-0803
島根県松江市鹿島町名分1028-8

 

髪質改善

ef.mayke`s 小さな町の美容室

 

 

 

 

 

 

 

​福田 剛士 (フクダ タケシ)

京都や各地で修業を積み

毛髪診断をひとり一人じっくりと

カウンセリングし、お客様の

 

ヘアスタイルを作ります。

 

1985年5月1日生まれ​

美容歴10年以上

​ヘアケアマイスタープライマリー取得

 

 憧れるほどの艶髪を提供する専門のサロンを経営。 完全予約制のマンツーマン対応で、居心地の良い個室をご用意しています。  エフメイクスだからこそできる”あなたの為の空間と対応”をカタチにした特別なサロンです。 髪にお悩みがある方や、安心できる美容室をお探しの際は、ぜひ一度ご来店ください。

 エフメイクス公式ホームページはこちらをクリック!!
 
  

ご予約・ご相談はこちら

お客様の時間を守るため、一日限定3名様・完全予約制とさせていただいております。ていねいな技術ですので、ご協力をお願い致します。あなたからのご連絡、スタッフ一同心よりお待ちしております。
なお、メール予約は、ご予約希望日当日の3日前まで受付しております。メールの送信が完了したとしても、まだ、ご予約は完了しておりません。お急ぎの場合や、当日から2日前のご予約希望は、 お電話でのご予約をオススメいたします。