タオルドライの正しい仕方と注意点

みなさん、こんにちは!松江市の小さな町で髪質改善美容室を営んでおります、エフメイクスの福田です!

今回はお風呂上りのタオルドライのやりかたです。

実は、意外とこれが乾かす前にしっかり出来ているのと出来ていないのではドライヤーのかける時間やダメ-ジなど違ってきます。
キレイでツヤツヤな髪を作るためには、しっかりとしたタオルドライがとっても重要になります。

綺麗な髪を作るためのタオルドライの正しい仕方とポイント&注意点をまとめおきましたのご覧ください。

最初は頭皮の水分から拭き取る

まず、出る前にお風呂で髪の毛の水分を軽くしぼったら、頭皮の水分からタオルで拭き取ります。
一番最初は頭皮からです。髪の毛は頭皮の次です。

タオルを頭にかぶせて手で優しく抑えて頭皮の水分を吸収します。

毛先の水分を優しくふき取る

頭皮の次は、毛先の水分を優しく拭き取ります。
この時も、ゴシゴシ擦るのはダメです!

髪の毛をタオルで挟み込み、水気がなくなるまで水分をタオルに”ポンポンポン”と吸収させます。
タオルで挟んだら、優しく叩いてあげる感じです。

髪の毛の中間から毛先にかけてタオルで優しく拭き取ります。

やっちゃいけない!タオルでゴシゴシはNG!

これはついついやりがちです。

わかっていても、油断をしたり急いでいると注意していても忘れてしまいまよね。

でも、頭皮をタオルでゴシゴシ擦るのはNG!
タオルで拭く時も、基本は揉むように拭くこと。

”擦る”という行為は、頭皮にも髪にをやらないようにしてください。

キューティクルを剥がしてダメージの原因につながります。

タオルターバンを有効に使おう!

お風呂からでたら、頭皮と毛先の水分をタオルで吸収。

すぐにドライヤーを当てずに頭をタオルで包みましょう。
タオルターバンをしてあげると、タオルがさらに水分を吸収してドライヤーの時間を早めてくれます。

お風呂上りの化粧水や乳液は、タオルターバン中に行い、お肌のメンテナンスが終わったらドライヤーで乾かすのがオススメです。

タオルドライがあまいとドライヤーの時間がかかる

タオルでの水分吸収があまいとドライヤーの時間がかかります。
髪の量が多くてロングならなおさら。

ドライヤーの時間がかかると、オーバードライで乾かしすぎに。

結果として髪を傷めてしまうので、ドライヤーの時間を短くするためにもタオルで水分をしっかりと吸収しましょう。

福田 剛士 (フクダ タケシ)
松江市の小さな町、鹿島町にある〈髪質改善専門の美容室〉ef.meyke`s(エフメイクス)
1985年生まれ​ 美容歴10年以上
ヘアケアマイスタープライマリー取得

京都や各地で修業を積み毛髪診断をひとり一人じっくりとカウンセリングし、お客様のヘアスタイルを作ります。憧れるほどの艶髪を提供する専門のサロンを経営。 完全予約制のマンツーマン対応で、居心地の良い個室をご用意しています。 エフメイクスだからこそできる”あなたの為の空間と対応”をカタチにした特別なサロンです。 髪にお悩みがある方や、安心できる美容室をお探しの際は、ぜひ一度ご来店ください。

ご予約・ご相談はこちら

お客様の時間を守るため、一日限定3名様・完全予約制とさせていただいております。ていねいな技術ですので、ご協力をお願い致します。あなたからのご連絡、スタッフ一同心よりお待ちしております。
なお、メール予約は、ご予約希望日当日の3日前まで受付しております。メールの送信が完了したとしても、まだ、ご予約は完了しておりません。お急ぎの場合や、当日から2日前のご予約希望は、 お電話でのご予約をオススメいたします。