ぶっちゃけ美容院のカラー剤と市販のカラー剤、何が違うの?

今回は、やはり今だ多くの方が美容室のカラー剤と市販のカラー剤の違いについて知らずに染めておられので、少し掘り下げて書いた記事になっております。

少しでも参考になれば幸いです。

美容室のカラー剤と市販のカラー剤、何が違うの?

まずは、市販のカラー剤でも美容室のカラー剤でも、成分のバランス的には、そこまで大きな違いはありません。ただし、薬剤の強さには違いがあります。また「何で染めるか?」も重要ですが、それ以上に「誰が染めるか?」が重要であることも、どうかご理解下さい。

市販のカラー剤は、かなり強めの薬剤です。

市販のカラー剤でも美容室のカラー剤でも、成分のバランス的にはそこまで大きな違いはありません。

ただし、薬剤の強さには違いがあります。

ぶっちゃけ美容院のカラー剤と市販のカラー剤、何が違うの? 1

おしゃれ染め(通常のカラー)でも白髪染めでも、市販されているカラー剤というのは、その商品設計上、どうしても万人受けする(より多くの人の髪をしっかり染める)ことが優先されます。そのため、使用者の髪質や髪の状態に左右されずにしっかりと染めることを目的とするため、かなり強めの薬剤が使用されています。

実際、市販のカラー剤を販売するメーカーさんに寄せられる一番多いクレームは

「ちゃんと染まらなかった」
「ちゃんと明るくならなかった」

という意見です。

この辺りの事情もあって、どうしても市販のカラー剤というのは強めの薬剤設定がされています。

当然ですが、個々人に合わせて薬剤を調整する美容室でのカラーよりも、

・市販のカラー剤は髪に対するダメージは大きくなってしまう。
・もともと染まりやすい髪質の場合は、イメージより明るくなり過ぎてしまう。

といったリスクがあります。

この辺りが市販のカラー剤と美容室のカラー剤の違いです。

「何で染めるか?」より「誰が染めるか?」

お客様はカラー剤を基準に、美容室でのサロンカラーにするか?あるいは市販のカラー剤でのホームカラーにするか?を検討中だと思います。

もちろん「何で染めるか?」も重要ですが、それ以上に、「誰が染めるか?」が重要であることもどうかご理解下さい。

ざっくばらんな話をしてしまえば、市販されているどんなカラー剤を使おうが、経験値が高く、技術力(スキル)のある美容師は、お客様の髪を綺麗に染めることができます。

おしゃれ染め(通常のカラー)でも白髪染めでも、染まり方は十人十色です。

例えば仮に、同じ薬剤を使って10トーン(明るめ)のアッシュブラウンに染めたとしても、私の髪とお客様の髪は全く違う染まり方をします。

このように髪質によって染まりやすい、染まりづらい、といった条件がある中で、美容師は様々な薬剤をミックス(配合)したり、バランスを調整し、お客様の髪質を見ながら薬剤設定(カラー剤をカスタマイズ)してくれます。

お客様の狙った色味、狙った明るさに可能な限り近づけることが可能です。

ホームカラーでは薬剤の配合や、過去の髪質の履歴に合ったカラーというのはなかなか難しいため、ここも大きな違いになります。

参考にしてみて下さい。

ぶっちゃけ美容院のカラー剤と市販のカラー剤、何が違うの? 2

福田 剛士 (フクダ タケシ)
松江市の小さな町、鹿島町にある〈髪質改善専門の美容室〉ef.meyke`s(エフメイクス)
1985年生まれ​ 美容歴10年以上
ヘアケアマイスタープライマリー取得

京都や各地で修業を積み毛髪診断をひとり一人じっくりとカウンセリングし、お客様のヘアスタイルを作ります。憧れるほどの艶髪を提供する専門のサロンを経営。 完全予約制のマンツーマン対応で、居心地の良い個室をご用意しています。 エフメイクスだからこそできる”あなたの為の空間と対応”をカタチにした特別なサロンです。 髪にお悩みがある方や、安心できる美容室をお探しの際は、ぜひ一度ご来店ください。

ご予約・ご相談はこちら

お客様の時間を守るため、一日限定3名様・完全予約制とさせていただいております。ていねいな技術ですので、ご協力をお願い致します。あなたからのご連絡、スタッフ一同心よりお待ちしております。
なお、メール予約は、ご予約希望日当日の3日前まで受付しております。メールの送信が完了したとしても、まだ、ご予約は完了しておりません。お急ぎの場合や、当日から2日前のご予約希望は、 お電話でのご予約をオススメいたします。